・・自称編物ブログ・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

.
前回までのあらすじ →鮭太郎の冒険


立派な鮭になるために旅に出たちいさな鮭太郎。
今日も旅を続けます。
sake1_20140506104237013.jpg
「もうすっかり初夏だね♪」


そして、とある浜辺で立派な鱒に出会いました。
masu1.jpg
「♪おいらは~鱒男~」

sake2_2014050610425319a.jpg
「あっこんにちは鱒男さん!」
鮭太郎は鱒男に鮭になる方法を聞くことにしました。

masu2.jpg
「鮭になる方法ねぇ…」
「そりゃやっぱり川を上ることじゃねえか?」

sake3_20140506104254637.jpg
「川を上る…?」


鮭太郎は鱒男にお礼をいって先を急ぐことにしました。
鱒男はやっぱり婿養子なのか聞きたかったけれどやめておきました。


ずんずん進むとそこに一匹の動物がいました。

neko6.jpg
「こんにちは、鮭太郎です。実はかくかくしかじか」
「よお、オレは猫の猫介だ。川を上る方法かい?」

neko5.jpg
「まだまだ5月、やめておいた方がいいぞ。オレはさっき水遊びしようとしたが寒くて出来なかった」
「あっ…猫介さん唇が青い…!」

なんということでしょう。
猫介が青いのはすっかり冷えていたからなのです!


「なんだ、オマエ鮭になりたいのか。」
声がして振り向くと、そこには茶色い動物がいました。
neko4.jpg
「こんにちは。えっと熊さん?」
「熊じゃねえし。猫だし。」


neko3.jpg
「鮭はな、大人になるまで北の海で過ごすんだ。そしてここぞというときに川を上ればいいのさ。」
「川を上るのは秋だぞ。それまではのんびり海で泳いでいればいい。」

neko2.jpg
「北の海…それから川に行けばお父さんみたいに立派な鮭になれるんだね。」
「そうだ、がんばれよ鮭太郎」

「ありがとう!熊さん!」

neko7.jpg
「猫だっつってんだろ!!」



さて鮭太郎は無事に鮭になれるでしょうか。
次回へ…続くのかもしれない!




<青い猫からのお願い>
neko1.jpg
まだまだ海や川の水は冷たいから水遊びには充分注意してね!
ちなみになぜ口まで青いのかっていうと、赤い毛糸がなかったからだよ!



※猫さんズはこちらの編み図で編みました。
猫の写真と編みぐるみ
編みねこの著作権はねこやまさんが所有しています。


web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。