・・自称編物ブログ・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

※このページをご利用の前にこちらをご一読ください。

Special Thanks to Cheryl !

Fetching 日本語訳

From Knitty summer 2006


copylight (c) 2006 Cheryl Niamath. www.fetchingknits.thruhere.net/
All Photographs by Wendy Niamath www.deliciousphotography.com


fetching_1.jpg
Fetching について...

このパターンは簡単で、すぐに編み終えることが出来るすぐれものです。
なわ編みを編んだことがない初心者の方にもおすすめなパターンです。
金曜の夕方に糸を買えば、日曜の夜までには完成できますよ!


編み糸について...

この手袋に使用したデビーブリスキャッシュメリノは美しく、柔らかく、ゴージャスな色が揃っています。
この手袋のよいところは、1組につきたった1個しか必要としないことです。
しかし、1玉で編むためにはゲージをとったスワッチを解かなければならないかもしれません。
なぜなら1組で1玉ほとんど使い切り、残り糸は1ヤードにも満たないからです。
スワッチを見本として保存したいなら、2玉用意してください。

また、糸のラベルの標準ゲージは4インチで18目ですが、このパターンでは4インチで21目です。
それは推奨される針より細い針が、厚めのビロードのような編地を作るために使われるからです。


Cherylさんからの追加のアドバイス.....

標準ゲージが[10cm=18目]のaranウエイト(並太程度)の糸ならなんでも使用できますが、柔らかく弾力のあるものを探してください。
ウール、マイクロファイバー、アルパカ等の混紡が最適だと思います。
もし手が小さい人のものを編むなら、より細い糸を使えるかもしれません。




サイズ 

標準1サイズ


出来上がり寸法

円周(伸ばさない状態): 7インチ/17.5cm
長さ:  6.25インチ/15.6cm


材料と道具

・ デビーブリス キャッシュメリノアラン[55%メリノウール, 33%マイクロファイバー, 12%カシミヤ; 50g(98ヤード/89m)] 1-2玉
[ほとんどの場合1玉で1組完成できますが、編み手によっては2玉必要になる場合もあります。]

・ 6号(4mm) 4本針 (USサイズ#6/4mm)

・ 安全ピン または 段数マーカー

・ なわ編み用針 (使用する棒針が5本針の場合は1本なわ編み針として使用可能)

・ 12インチの別糸 (すべりのよいマーセル加工コットン糸など) 

・ とじ針


ゲージ

4インチ/10cm四方(メリヤス編み) 21目×30段
注意: 標準ゲージよりきつめに編みます。


パターンノート

knittyの略語とテクニックの説明はこちら

C4B =左上2目交差ケーブル編み(なわ編み)
   2目をなわ編み針にとり、編地の後側にまわして交差させて編む。

C4F =右上2目交差ケーブル編み(なわ編み)
   2目をなわ編み針にとり、編地の前側にまわして交差させて編む。

4×1リブ編み =表4目裏1目を繰り返して編む。

cable cast onについてはこちら


編み方


左手

6号棒針に45目作り目する。
3本の棒針にそれぞれ15目ずつ分けてねじれないように輪にして編みはじめる。
段の始まりに安全ピンまたはマーカーで目印をつける。

4×1リブ編みを4段編む。

[C4B,裏1目]を1段編む。
※注 [C4B,裏1目]は1段で9回編むことになります。以下のケーブル編みの段もすべて同じです。

*4×1リブ編みを5段編む。

[C4B,裏1目]を1段編む。*

*印内の6段をもう一度繰り返す。

4×1リブ編みを18段編む。

別糸に換えて表目を7目編む。別糸で編んだ7目を左の針に戻し、元の糸で4×1リブ編みで段の終わりまで編む。(別糸の部分が親指になる) 

4×1リブ編みを4段編む。

[C4B,裏編み]を1段編む。

4×1リブ編みを4段編む。


picot bind off

5目まで編みながら伏せていく。
*右の針から1目を左に移し、[cable cast on]で1目作る。続けて6目編みながら伏せ目する。*
*印内を段の終わりまで繰り返す。
最後に残った1目を左の針に移し、cable cast onで作り目し、伏せ目する。

 ※常に裏目の場所でピコットを作ることになります。
 ※picot bind offについてはこちらのhelpへ。
 ※訳者もやってみました。


糸を切って最後の目に通し、糸をとじ針に通して段の最初の目とつなげて糸始末する。


親指部分

fetching_detail.jpg
別糸を解いて、2本の針に下7目上6目をそれぞれとる。
新たに糸をつけて下の7目を表編みする。
別針に替えて下の針と上の針の間の部分から2目拾って編む。
その後上の目を3目編んで3本目の針に替える。
上の目を全て編み、再び上の針と下の針の間の部分から2目拾って編む。
ここまでで計17目。

表編みを4段編む。
全ての目を緩めに伏せ目し、糸始末する。


右手

C4BをC4Fに変えて、左手と対称的に編む。
(親指に向かってなわ編みがねじれるようにしてください)


fetching_4.jpg仕上げ

お好みで軽くブロッキングしてください。





このページについて

この日本語訳は285がFetchingのデザイナーCheryl Niamathさんの許可を得て掲載しています。
パターンについての質問はCheryl Niamathさんまで直接お願いします。
日本語訳に関しては285までどうぞ。分かる範囲でお答えします。


リンクについて

Fetching 日本語訳ページはリンクフリーです。
なるべくこのページに直接リンクするようにしてください。
リンクを貼る場合にはCheryl Niamathさんのサイトhttp://www.fetchingknits.thruhere.net/にも併せてリンクしてくださいますようお願いいたします。
(英文ですが親指の編み方等詳しいhelpが掲載されています)


著作権について

このパターン・画像の著作権はCheryl Niamathさんにあります。
無断複製・二次加工・完成品の販売等はご遠慮ください。









web拍手 by FC2

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nyagoro.blog27.fc2.com/tb.php/292-3ce4750a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Tomoちゃんのプレゼント帽子が編みあがって(ピンク・黄色のは2作目) (これが本命の3作目) 発送を済ませたら、Fetchingという指なし手袋を編んでみた。 これは海外のフリーパターンなんだけど、日本語に訳してくださってる方がいて、とても助かった。 手袋のように増
2009/02/19(木) 00:49:15 | Manaたん日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。