・・自称編物ブログ・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

200706291229000.jpg
どんだけ帽子が好きなんだ私は。

というわけでまたまた帽子製作中です。
きっちり編んだ帽子って意外に人気なんですよ。
ひとりにブレゼントすると「私にも~私にも~」と呪文を唱えられてしまうのでしかたなく再生産。
とはいえちょっとだけ嬉しかったりする今日この頃。
ちなみに私に帽子を所望してくるのは60代以上のお嬢様方w


細編みで帽子を編む場合、私はぐるぐると渦巻状に編んでいきます。
一段ごとに完結する方法だと編地が汚くなるので…。
通常はどうなんでしょうかね。


そろそろ帽子はお腹いっぱいなので完成品のupはしない予定。
この調子でいくとあと2~3個は作らないといかんな…。マズイな…。




スポンサーサイト
web拍手 by FC2

addi2.5.jpg
ちょっと前に手に入れたaddi輪針(金属)。
いろいろ使ってみたのでとりあえず感想なぞ書いてみます。

ちなみに私が買ったのは、1号(2.5mm)と3号(3mm)他。
長さは50cm~60cm。
結論から言うと、使いやすいのは間違いありません。
針とコードの結合部は非常になめらか(写真右上)。どんなにキツめの編目でもするりと移動できます。これは確かにすごい。


以下私個人の感想ですが。
糸滑りがあまりに良すぎるので、うっかり目を外してしまうことが多くなってしまいました。特に綿糸とは相性が悪いような気がします。
3号で編みかけのmartha(ローワン4plyコットン)を編んでみましたが、これは正直言って【滑って編みにくい>編みやすい】でした。
先日1号で編んだ靴下のほうは、こちらはキツく編んでいたためか【編みやすい>編みにくい】感じでした。

というわけで、目がキツい人には最適。ゆるい人には糸による。といったところでしょうか。


addi2.5-2.jpg
こちらは針先の写真。箸みたいだ…。

日本のお店に在庫があれば高い買い物ではないと思うので、とりあえずお試し推奨です。


以上、役に立たない感想でした。



web拍手 by FC2

200706261213000.jpg
いちおう完成しました。
微妙に不完全燃焼なので小さくup…。

使用糸   カフェちっく(後正産業ピエロ) 2玉
使用針   5号かぎ針
使用編み図 雄鶏社「肌にやさしいオーガニックコットンの編みもの」より
      透かし模様の帽子


ゲージが違うので適当に頭に合わせながら編んで行ったら別物になってしまいました…。
結局編んではほどくこと8回。
特にブリム部分がうまく行かず、いまだに納得いかないけどこれ以上解いたら糸がヘタリそうなので強制終了。
テクノロート入れればもうちょっとマシになったかもなぁ…。


テクノロート・トウメイ 【07春夏】【ハマナカ】


ちなみにコレ、まったく似合いません(笑
さてどうするか。




web拍手 by FC2

200706241727000.jpg
寄り道中。

以前のセールで購入した在庫糸で帽子を編んでいます。
最近煮詰まると帽子に逃避することが多いです…。

ただ指定糸ではないので、大きさがなかなか決まらずここまで編むのに3回解きました。
かぎ針はゲージ取らないんで…。取っても狂うし…。
というわけでこの先完成品をupしなかったら「解きすぎてイヤになったんだな」とでも思ってください…。


ちなみに糸はコチラ。


【550】カフェちっく550-8(スモークブルー) 「合太タイプ・青系」

この糸結構編みやすいです。
ただ洗ってないので縮むかどうかは未確認。




web拍手 by FC2

靴下をなんとかしないことには先が見えないので、とりあえずガーッと編んでメリヤスはぎまでこぎつけました。


さて問題のメリヤスはぎ。
これはゴム編み止め並に泣かされるものですが、ちょっとだけラクになるかもしれない方法をご紹介。

以前にも書いた気がしますがとにかく「糸をすぐ引かず、たるませておく」に尽きます。
200706211115001.jpg
針をさして普通ならキュッと糸を引き締めるところですが、5cmほどたるませておきます。(緑の矢印)
たるませることによって次に針を入れる目と向きがわかりやすくなります。
次の目に針を入れた後にたるませて置いた分を引いて整えればOK。
後は繰り返しです。

ややこしくて分かりにくいですかね…。



200706211125000.jpg
とりあえず一足完成。

こうしてみると自分の足のでかさに愕然とします。
さてもう一足がんばろ…。






web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。