・・自称編物ブログ・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2


070106.jpg

編み図  Interweave knits 2007fall より
      http://shop.interweave.com/store/Tangled-Yoke-Cardigan-P200C0.aspx
使用糸  ROWAN Felted tweed No.143(cocoa) 6.5玉
使用針  addi輪針 3.75mm・3.5mm
他     ボタン1.5cm 8個


写真がボケボケなのはご容赦ください。

糸のロット違いやらなにやらいろいろありましたが、なんとか完成しました。
とじはぎのないパターンなので仕上げはかなりラクでした。

まずは変更点から。

・胴長のためガーターリブを10段増し。
・襟ぐりを少し広めにした。
 Ravelry等で検索してみたら襟ぐりが結構詰まった感じに仕上がっているようなので、あえてヨーク部を1~2cm広めに仕上げてみました。
・襟ぐりのガーターリブは一重で処理
 パターンでは襟ぐりは二重にしているようですが、ガーターリブが思ったより厚めになったので一枚仕上げで終了しました。しっかりと立つ襟元よりあっさりペラペラのほうが好きなので。
・前立てのボタンは8個に変更。
 前立てはいつも適当に拾い目するので、ボタン穴も適当にあけました。
P1000033.jpg

続いて感想&反省点。

・short row=引き返し編みはまあまあうまくいったと思う。
 引き返しのやり方は、以前何処かで見た方法(すべり目してその目に糸をくるっと巻きつける)でやってみた。
 背中があいてもいいのなら引き返しは省略してもよいかも。
・指定針にあった「2.0mm輪針」をどこで使うのか最後までわからなかった。
 たぶん襟を二重にして止める時に、目を拾うために使うのかな??
・Celtic pattern(ヨークの変わりなわ編み)は思ったより大変だった。
 特に一目から五目編み出すのが綺麗に出来なかった。逆に五目一度(一目ずつかぶせていく)のやり方に小さく感動。
0701062.jpg
・Felted tweedはやはり軽くて暖かくて最高。しかし出来ることならもう少し薄い色にしたかった…。


今回は編み図とゲージがまったくあわないのをあえて承知で一番小さいサイズを編みましたが、案の定編み図表記より一回り大きく仕上がりました。しかしながら腹回りも袖丈もピッタリで結果オーライというところでしょうか。
それにしてもこのパターン、今大人気ですねぇ。RavelryでもたくさんのTangled yokeを見ることが出来ますが、中にカーディガンをプルオーバーに改造して仕上げている方がおられまして、いつか真似してみたいと思う今日この頃であります。



さて、残り糸の使い道を考えねば…。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2


200712250846000.jpg
とりあえず順調です。
現在袖が終了したところ。
ヨレヨレだけど気にしない。

今年中には無理そうですが、あと一週間くらいでなんとかならんかな?と思ってます。
ヨークは目数が多そうだからキツいかな~。


来年も編みまくりの一年でありますように。
よいお年を。


web拍手 by FC2


200712182316000.jpg
縫合中。
ひたすらメリヤスはぎです。

ツィードの糸に助けられ、縫合部分が目立つことなく仕上げられそう。
200712182314000.jpgツルツルの糸だったら絶対目立っただろうなぁ…

今回新たに発見したこと。
もしかしたら私、メリヤスはぎが好きなのかもしれない(笑



以下自分用メモ。

・リブの作り目を変更。
・はいだところが一段分増えているので前立てを編むとき考慮すること。
・リブは10段増し。





web拍手 by FC2

ロット違い毛糸のその後。

200712151053000.jpg当初は違いも気になりませんでした。結構いけるかも?と思いつつ脇下まで編みましたが…。
編めば編むほど、編地が伸びれば伸びるほど色の違いが気になるように…。
色が違うってどころか、毛糸自体が違うやんコレ!というレベルです。ごまかしようがない…。
(写真では分かりにくいですが)



と、いうわけで編みなおし決定です。
とはいえ何日もかけた身頃メリヤスはもったいない。ならどうする?
今の時点で考えられるリカバリ案は以下のとおり。

① リブとメリヤスを切り離し、目を拾って下へとリブを編みなおす。
② リブとメリヤスを切り離し、新たにロット違いで編んだリブとメリヤス部をメリヤスはぎで繋げる。
③ 全部解いて編みなおし。

考察。
①だと最後にゴム編み止めが出来るしよさそうなのですが、脇線が半目ずれてしまうことと最初にリブを切らなければいけないので失敗したらすべてパア。
②なら最初にリブを編んでおいて様子を見ながら、ということが出来るのでなんとなく気が楽。

というわけで②を選択し、どうにもこうにもならなくなったら③にすることに決定しました。


もともとは余り毛糸をなんとかしたくて始めたこのカーディガン…結局毛糸をすべて買いなおすという本末転倒なものになってしまいましたとさ。
コンナコトニナルナラチガウイロニシタカッタ…。



200712151052000.jpgちなみに上が在庫糸で下がロット違い。
太さも違うな…。











web拍手 by FC2


200712121545000.jpg
ロット違いその後。

メリヤス部をロット違いで編んでおりますが…。
ロット違いってただ単に染める釜が違うとか時期が違うってだけだと思ってたんですが、違うんでしょうか。
色が違うどころか毛糸が別物です。
なんというか…在庫糸はいかにもフェルトって感じで、太いとこやら細いとこやらあったのですが、今回来たやつは普通の毛糸。編地も手触りが違うような…。

こうまで違うとやや不安ではありますがとりあえずこのまま仕上げてみます。
駄目だったらまた考えよう、といいつつ最終的には「ま、いいっか~」となる可能性大ですが。



web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。