・・自称編物ブログ・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2


いきなり完成です。

DSCN1135.jpg

Pattern: ラフィア風のバッグ(小須田逸子) from NHK出版すてきにハンドメイド2010・5月号
Yarn:   ハマナカエコアンダリヤ #23 3玉強 (お手本の使用量は4玉弱)
Hook:   ETIMO かぎ針 6/0
Others:  内袋用布 適宜 
     ハマナカ本皮持ち手 H911-021こげ茶
ラベリーのページはこちら


というわけで、初アンダリヤに挑戦いたしておりました。
DSCN1132.jpg
初だ初だと騒いでましたが、厳密に言いますと「初めて編んだ」というのが正しかったり。
その昔、このアンダリヤっぽい糸で網状ネットに刺繍のようなことをして遊んだ記憶がございます。


で、初アンダリヤです。
編みにくい手が痛くなると評判を聞いてましたが、2段編んだところで本当に手が痛くなりました。(笑
参ったなぁとツイッターで愚痴ったところ、次々と素敵なアドバイスをいただきましてその後はスイスイガシガシ進みました。
やっててよかったツイッター!!
特に目からウロコだったのが「フォークを持つようにかぎ針を持って編んでみるがよし」というアドバイス。
持ち方を変えるなんて思いもしなかったっす。(もしかしてかぎ針編みでは常識なんだろうか…)
その節はアドバイスくださった方々、本当にありがとうございました。


DSCN1141.jpg
さて、バッグです。
本によりますと糸は150g使用するとありますが、私は手が緩かったようで3玉とちょっとで規定の大きさになってしまいましたので、そこで終了しました。なのでちょっとフニャフニャクタクタスカスカです。
このままでは使用に耐えないと思われたので、内袋をつけました。
この内袋をつけるのにちょいと苦労があったのですが、書くと長くなるので省略(笑



最後に感想など。
いや~アンダリヤ面白いです。はまりそうです。
編みやすいと評判のETIMOかぎ針も持ちやすくてよかったです。

というわけで本日の格言。
案ずるより生むが易し。




さて次回こそ、編みかけ完成なるか?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

早速編んでみました。

Fetching2008
Pattern  "Fetching" from knitty2006 by Cheryl Niamath
Yarn    puppy ソレント No.603 1玉弱
Needles  JP#6


いや~今更ですが日本語訳って便利ですな(笑

というわけで今期初のFetchingです。
このパターンに関しては既に編まれている方が多いので省略。

で、糸です。
海外のインクジェット染めとは違い云々、だそうですが、その辺はよく分かりません。
そもそもインクジェット染めって何でしょう...。
とりあえず発色がいいってことなんでしょうかね。

糸自体は編みやすい方だと思います。
メリノウールなのでモチモチした感じがあります。
ザリーナに近いような感じですかね。
そして今回指定の6号で編んだのですがちょっとスカスカになりました。
靴下等を編まれる場合は号数を下げた方がよいかもしれません。


DSCN0609.jpg
恥ずかしげもなく編地アップ。
なんとなく色の出方が微妙に違うような気がするのは私だけでしょうか...


200809212300000.jpg
さらにアップ。
ツンツンしてません。
やはりFetchingは太目の糸をぎゅうぎゅうに編んでこそ持ち味が出るんだなぁと実感。
糸が細めだとpicot bind offもイマイチです。
いやめんどくさがって針を細くしなかった私が悪いんですが。



ついでに着画。
Fetching2008
糸はかわいいが手がかわいくない。
しかしなわ編みが汚いな...



余談。

パピーさんの毛糸の名前は地名からつけたものが多いと最近初めて知りまして。
そしてヴァラッロという地名があることも初めて知りました。
編み物をやっていると少しずつ賢くなります。


web拍手 by FC2

先日のベストに引き続き編んでいたモノが完成しました。

baby5.jpg

【ベビースタイ】
Pattern  「オーガニックコットンのやさしい手編み」より スタイ(design by ささきみちよ)
Yarn    ハマナカポーム 無垢綿ベビー(11) 0.8玉
Needles  JP#4

【ブーティ】
Pattern   Saartje's Bootees (design by Saartje de Bruijn)
        パターンはコチラ(pdfファイル)
Yarn    ハマナカポーム 無垢綿ベビー(11) 0.6玉
Needles  JP#2


今回も写真は小さめでスイマセン...
ちょっとだけ大きい画像はFlickrに置いてありますので、どうしてもという奇特な方はそちらでどうぞ。


まずスタイから。

こちらは本に載っている編み図でして、とても簡単に編めます。
特に変更点はありません。
周囲をぐるっと引き抜き編みしてあるので、意外にしっかりしています。
実用性があるかどうかは不明(笑


続いてブーティ。

Ravelryで見かけて以来、いつか編みたいと思っていたパターンでした。
いやー楽しかったです。
200809051230000.jpg
編んでる途中ですでにプックリしてきます。かわいいです。

サイズはbigの方を編みましたが、大きさ的には新生児~2・3ヶ月くらいかと。
もう少し大きいものが欲しい場合は調節必須です。
個人的にはウール混で柔らかく編んだほうがよさげな気がします。



さて今回の2点ですが、手が早い方なら軽く1日で出来るのではと思います。
ちなみに先日のベストを合わせて計3点、ポーム4玉半で出来ました。
ご参考まで。




余談。

先日某TVを家族で見ておりまして、その中で「小林旭」氏がネタになっていたのですが。
うちの娘共は知りませんでした...。
ああジェネレーションギャップ。

というかショッカーとかギャラクターとか知っててなんで小林旭を知らないんだ!



web拍手 by FC2


続けて更新。

bag2

pattern  "夏のバッグと帽子"(雄鶏社)よりモチーフバッグ
yarn     ピエロコットンニィート 3玉
hook    JP 7/0(4mm)



持ち手をつけて完成しました。

まず最初に変更点。
"夏のバッグと帽子"という本はエコアンダリヤを使用する前提で書かれている本ですので、今回コットン糸で編むにあたって若干編み図を変更しました。
目数とか段数とか微妙に変えてます。


そして感想その他。
アンダリヤの評判に恐れおののいてコットンニィートを使用しましたが、この糸もなかなか編みにくかったです。
ただよく言われている糸割れはあまり気になりませんでした。かぎ針だからですかね?
編地は厚く硬く...と以前書きましたが、ハリはないのでバッグにしては柔らかめになりました。

持ち手は近所の衣料品店の片隅にあった既製品の皮持ち手を使用しました。
お値段\360(税込)ナリ。皮持ち手って安いんですねぇ。

ちなみに裏布はつけてません。
めんどくさいなんて本音は言えませんが、後日様子を見てつけようかと。




というわけで、これをもって母の日大作戦は終了。
最初の予定とはずいぶん変わりましたが終わりよければ全てよし、ってことでひとつ。
しかしこの後は父の日大作戦が控えているわけで...ニッターに安息の日々が訪れるのはいつの日か?


web拍手 by FC2


2008043015450002.jpg
モチーフバッグは成形終了しあとは持ち手を待つばかり、です。
贈答品になるかもしれないので例によって写真は小さめで。

糸割れすると評判のコットンニィートですが、鉤針編みならまあなんとか編めます。
ただし編地は厚く硬くなりますが...。


詳しくは後ほど完成後にでも。




web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。