・・自称編物ブログ・・
.
恒例 今年編んだものたち。

zentai.jpg
パンドラで買ったフィルダー。

mit.jpgkore03.jpg
ラベリンピック。羊毛のようなものを触ってなわ編みが完成した。

sea1.jpgdo6.jpg
めでたかったりひとめぼれだったり。

fude6.jpg
夏に大活躍。アイスショーもこれで行きました。

wed2.jpg14936997107_44f827ca95_o.jpg
夏のミステリーKALと帽子。

tran3.jpg
SALに参加。

fet1.jpgpan1.jpg201412102056103ac.jpg
冬支度シリーズ。パンツは嫁に行きました。

004_20141125222235f56.jpg
恒例イケメンミステリーKAL。楽しかった。

例によってこの他にも何点かありますが、頼まれ物のため載せておりませぬ。
今年はなかなか時間がとれなかったので少なめです。


今年も当ブログにお越しいただきまことにありがとうございました。
来年もちびちび編んでいく所存でございますのでご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしまする。


web拍手 by FC2





これが…






こうなりました。


あまりにも小さかったので…(しくしく
何に変わるかは来月公開。
たぶん。


web拍手 by FC2

.
前回までのあらすじ →鮭太郎の冒険


立派な鮭になるために旅に出たちいさな鮭太郎。
今日も旅を続けます。
sake1_20140506104237013.jpg
「もうすっかり初夏だね♪」


そして、とある浜辺で立派な鱒に出会いました。
masu1.jpg
「♪おいらは~鱒男~」

sake2_2014050610425319a.jpg
「あっこんにちは鱒男さん!」
鮭太郎は鱒男に鮭になる方法を聞くことにしました。

masu2.jpg
「鮭になる方法ねぇ…」
「そりゃやっぱり川を上ることじゃねえか?」

sake3_20140506104254637.jpg
「川を上る…?」


鮭太郎は鱒男にお礼をいって先を急ぐことにしました。
鱒男はやっぱり婿養子なのか聞きたかったけれどやめておきました。


ずんずん進むとそこに一匹の動物がいました。

neko6.jpg
「こんにちは、鮭太郎です。実はかくかくしかじか」
「よお、オレは猫の猫介だ。川を上る方法かい?」

neko5.jpg
「まだまだ5月、やめておいた方がいいぞ。オレはさっき水遊びしようとしたが寒くて出来なかった」
「あっ…猫介さん唇が青い…!」

なんということでしょう。
猫介が青いのはすっかり冷えていたからなのです!


「なんだ、オマエ鮭になりたいのか。」
声がして振り向くと、そこには茶色い動物がいました。
neko4.jpg
「こんにちは。えっと熊さん?」
「熊じゃねえし。猫だし。」


neko3.jpg
「鮭はな、大人になるまで北の海で過ごすんだ。そしてここぞというときに川を上ればいいのさ。」
「川を上るのは秋だぞ。それまではのんびり海で泳いでいればいい。」

neko2.jpg
「北の海…それから川に行けばお父さんみたいに立派な鮭になれるんだね。」
「そうだ、がんばれよ鮭太郎」

「ありがとう!熊さん!」

neko7.jpg
「猫だっつってんだろ!!」



さて鮭太郎は無事に鮭になれるでしょうか。
次回へ…続くのかもしれない!




<青い猫からのお願い>
neko1.jpg
まだまだ海や川の水は冷たいから水遊びには充分注意してね!
ちなみになぜ口まで青いのかっていうと、赤い毛糸がなかったからだよ!



※猫さんズはこちらの編み図で編みました。
猫の写真と編みぐるみ
編みねこの著作権はねこやまさんが所有しています。


web拍手 by FC2

今年もあと2日を残すのみ!というわけで、毎年恒例まとめ記事です。

イマドキは皆様Rアカウント持ってらっしゃいますよね、というわけで今回はRavelryのプロジェクトページにタグ付けをしただけという超手抜き仕様。

 ↓
2013まとめ

例によって記事にしてないものは嫁入りしたものです。
今年は着るものが少ないすなぁ。
そしてまさかのkimさんものゼロ。
本は欠かさず購入しているのですが…自分でも意外。


そして今編んでるものは着るものふたつ。
2月までになんとか完成させたいものです。ハイ。


今年も当ブログにお越しいただきまことにありがとうございました。
来年も引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしますとともに、皆様におかれましては素晴らしい新年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

よいお年を!




2月といえば…


web拍手 by FC2

.
とある国の海の中。
鮭太郎という魚の子が暮らしていました。
鮭太郎には大きな夢がありました。
それは父・鮭夫のような立派な鮭になること。

sake15.jpg
(イメージ画像)
※プライバシー保護のため写りこんだチヌ朗さんには画像処理いたしました。

ところがある日、鮭夫が忽然と姿を消してしまいました。
さあどうする鮭太郎。

sake7.jpg
「ボクは旅に出ます、お父さんを探しに!」

頑張れ、鮭太郎!


sake8.jpg
※友情出演sazanamiさん
冬の荒波にもまれながらも、鮭太郎は進みました。
しかしいくら探しても父の姿はありません。

疲れ果てたまさにそのとき、鮭太郎は漁師の網に掛かってしまいました。
sake10.jpg
「あ゛ーっ」

鮭太郎の運命はいかに!

・・・・・・・・・・・


連れていかれた漁師の家で、鮭太郎はなんと父・鮭夫と再会したのでした。
しかも父はさらに立派な新巻鮭になっていたのでした。

sake12.jpg
「父さん!ボクです!鮭太郎です!父さん!」
「おお、鮭太郎!」

sake11.jpg
父子は無事会うことが出来ました。
しかし父はこれから新巻鮭としての務めがあり、一緒に帰ることはできません。
そしてついに別れの時がきてしまったのです。
「お父さん、ボクはいつかお父さんのような立派な鮭になります。きっと…!」
「鮭太郎…そのことなんだが…」


sake14.jpg
「実はおまえは鮭の子じゃないんだ。フグなんだよ鮭太郎…」


sake6.jpg

「えええぇぇぇえぇえぇぇぇ」


どうする鮭太郎!
次回続きません!


と言いつつ次回は完成記事!


web拍手 by FC2